ホンダ/国内生産拠点を集約、四輪生産体制を進化

2017年10月04日 

ホンダは10月4日、日本のモノづくり強化を目指し、日本の四輪生産体制を進化させるため、「国内生産拠点の進化」と「グローバル生産技術の進化を日本で行う機能の新設」を行うと発表した。

国内の四輪完成車工場の特長を活かし、競争力を高める生産体制を構築するため、埼玉製作所では、電動化など新技術への生産対応によって、狭山と寄居の完成車工場を最新の生産技術が備わる寄居完成車工場に集約する。

この集約は、2021年度を目処に完了する予定。

蓄積した新技術の生産ノウハウは、モノづくりをリードする日本から海外の生産拠点に展開し、日本がグローバルをリードする体制を構築する。

狭山完成車工場の従業員は、寄居完成車工場を中心に異動し、これまでに培ってきた生産ノウハウを最大限に活かす。

鈴鹿製作所では、競争力のある軽乗用車およびスモールカーを生産する技術・ノウハウを構築し、引き続きグローバルに水平展開する役割を担っていく。

ホンダの子会社である八千代工業(ヤチヨ)四日市製作所では、委託している少量モデルのさらなる効率化を目指し、ホンダがヤチヨ完成車生産事業の完全子会社化を検討する基本合意書を10月4日両社で締結した。

ヤチヨが蓄積してきた技術や人材を活かしながら、最適な少量生産体制に進化させ、より一層の効率化を図る。

「グローバル生産技術の進化を日本で行う機能の新設」では、電動化などの新技術に対応した生産技術を構築・標準化し、海外の生産拠点に展開させる機能を、寄居完成車工場内に新設する。

各生産拠点のアソシエイトが日本に集い、日本で蓄積したノウハウをベースに、生産技術やプロセスの企画を共同で行う。そして、この機能がもつ実証ラインで検証を行い、熟成を図ることで、技術・プロセスを標準化させる。これをグローバルに水平展開し、高品質な新商品をスピーディーに立ち上げ、市場に投入するとしている。

関連記事

最新ニュース