日通/山形県飯豊町の日通の森で、秋の森林育成活動

2017年10月02日 

日本通運は9月23・24日、山形県飯豊町の「日通の森」で秋の森林育成活動を実施し、従業員とその家族40名が参加した。

<植樹活動>
植樹活動

<なめこ収穫>
なめこ収穫

「日通の森」森林育成活動は、日本通運グループ環境憲章の行動指針である「地球温暖化防止、生物多様性保全、循環型社会の構築に取り組む」ための環境社会貢献活動の一環で、良き企業市民として地域社会と連携した地球環境保全に貢献している。

活動初日は、「日通の森」で、森林インストラクターや地元運営委員の人々の指導のもと、ブナの苗木400本を植樹した。

以前に「日通の森」の木を利用して作った「ホダ木」に植菌したなめこが成長し、参加者たちは収穫の喜びを味わった。2日目は、農業収穫体験、里芋収穫・芋煮づくり体験やカヌー体験などを通じて、自然と触れ合いながら地元の人々との交流を深めた。

日通は、山形県飯豊町のほか、鳥取県日南町、静岡県伊豆の国市にも「日通の森」を設けている。これからも地球環境保全のため、また従業員とその家族の環境への意識醸成の場として、森林育成活動を積極的に行っていくとしている。

最新ニュース