ケイソー/店舗商材卸のエンフィールドと業務提携

2017年09月28日 

軽貨物配送サービスを行うケイソーは9月28日、店舗施設向商材卸・営業代行・営業コンサルティングのエンフィールドとの業務提携に関する契約を9月19日に締結したと発表した。

店舗施設向けポイントカードと商材の卸営業で全国に約70代理店と2900店の取引先店舗があるエンフィールドとの業務提携により、物流範囲や取扱い規模を大幅に拡大させる全国規模の事業として注力していくとしている。

ケイソーとエンフィールドでは2016年11月に葬儀会社への配送等で連携を開始していたが、そのほかのエンフィールド取引先(外食チェーン・小売店など)でも軽貨物配送業務への需要が高く、今後の事業成長も望めることから、包括的な業務提携に関する契約の締結に至った。

ケイソーが軽貨物配送業ノウハウ(営業方法、ドライバー教育など)提供等の「軽貨物運送事業設立支援」をエンフィールドの全国に約70ある代理店に提供し、各代理店が全国2900店ある取引先店舗へ物流営業を順次開始する。

冠婚葬祭業向け配送(スーツ、ネクタイ着用等の条件がある業務)やパソコンの設置・セットアップ等の専門スキルを伴う作業にいたるまで、ケイソーが行う軽貨物配送サービスの特徴である、これらの顧客ニーズに柔軟に対応する細やかなサービス体制を全国規模で整え、配送業界での差別化を図る。

今後、ケイソーの迅速・確実・柔軟をモットーとした通常配送に加え、「緊急便」「定温輸送便」「企業専属便」や業界初の「AED搭載車」などに代表される細やかなサービスと、全国に取引先を保有するエンフィールドのネットワークが連携することによって、取引先の増加、更なる売上拡大を目指し、3か年計画で年商30億を目指す。

最新ニュース

物流用語集