郵船ロジスティクス/シンガポールの物流施設刷新、自動倉庫導入

2017年09月21日 

郵船ロジスティクスは9月21日、シンガポール法人のYusen Logistics (Singapore)がトゥアス地区に増設する大型物流施設を着工し、同地区の既存倉庫に自動倉庫システム「AutoStore」の導入したと発表した。

<新施設イメージ>
新施設イメージ

<既存倉庫に導入した AutoStore>
既存倉庫に導入した AutoStore

物流施設を増設するトゥアス地区はシンガポール西部に位置し、マレーシアとの連絡橋に隣接していることから物流拠点として至便な立地にある。

同地区には新港建設が進んでおり、ターミナル移転が計画されていることから、今後も高い物流需要が見込まれる。

約3万3000m2の敷地に2階建てで延床面積約2万m2 の倉庫と36のトラック搬入口、100台以上駐車可能なトラックヤードを完備し、在庫管理や流通加工、検品など各種ロジスティクスサービスを提供する。

新施設は既存倉庫に隣接して建設する予定で、2つの倉庫をつなぐ連絡橋を設け、双方に保管する貨物の移動を容易に行える設計にしている。2019 年春頃の稼動を予定している。

同日は既存倉庫に採用した最新鋭の自動倉庫システム「AutoStore」の導入式典も執り行った。AutoStore はアパレルや靴、雑貨などの小物アイテムを専用ボックスに収納して、在庫品を保管・管理する。

専用ボックスを隙間なく並べ、最大16段まで積み上げて格納する構造となっているため、通常ラックによる保管と比べ通路等が削減され、倉庫スペースを大幅に有効活用できる。

また、入出庫作業を無線制御ロボットによって行うため、スタッフが歩いて商品を探したり格納したりする必要がなく、作業効率の大幅な向上と精度の高い在庫管理が可能になる。

■トゥアス地区増設施設概要
名称:Yusen Logistics (Singapore) Pte. Ltd.
Tuas Warehouse
住所:No. 30 Tuas Avenue 13, Singapore
拡張倉庫面積:約2万m2
トラックヤード:約8000m2 (100台収容可能)

関連キーワード:

最新ニュース