川崎汽船/小学生を対象に新造LNG船見学会

2017年09月21日 

川崎汽船は9月14日・15日、香川県の川崎重工業坂出工場で、新造LNG船の見学会を開催した。

<見学の様子>
見学の様子

<尾州丸の前に集合>
尾州丸の前に集合

見学会は昨年7月に引き続いて2回目の開催で、県下の小学5年生約150名及び学校関係者を招き、最新鋭LNG船「Bishu Maru(尾州丸)」の船内を見学。

船名は、1983年川崎重工坂出工場で建造され、川崎汽船が運航管理した邦船初のLNG船である初代「尾州丸」の名を継承したもの。

参加者からは、間近から見る巨大な船体、LNGタンクや推進機関の姿に驚きの声が上がり、航海機器の使い方や船内での日常生活など、普段は触れることのない船の世界について、同行した船長や乗組員に熱心に質問をする姿が見られ、四囲環海の我が国の貿易の99%を支える海運業の役割と、それを高い技術力で支える造船業への理解を深めた。

この催しは、日本の経済と暮らしを支える重要なインフラである海事産業の認知度アップを狙いとした「海と日本プロジェクト」に基づく、「船ってサイコ~2017」の一環として日本船主協会・川崎重工と共催したもの。

■見学会の概要
開催日:9月14日(木)・15日(金)
会場:川崎重工業 坂出工場 (香川県坂出市)、LNG船「Bishu Maru(尾州丸)」
主催 (共 催): 日本船主協会、川崎重工業(株)、川崎汽船(株)
参加者:香川県内の小学5年生150名及び学校関係者(計約160名)

■船「Bishu Maru(尾州丸)」の主要目
造船所:川崎重工業 坂出工場
全長:約293m
型幅:48.9m
タンク容積:16万4700立方m
ボイルオフレート:0.08%/日
推進機関:再熱式蒸気タービン(川崎アドバンストリヒートタービンプラント)
速力:19.5ノット/時

最新ニュース