三井物産/米国の物流施設開発事業で三菱地所の子会社と共同開発

2017年09月21日 

三井物産の米国子会社MBK Real Estate LLC(MRE社)は9月19日、三菱地所の米国子会社であるRockefeller Group International, Inc.社(RGI社)と、カリフォルニア州ペリス市の物流施設「Optimus Logistics Center」を共同で開発すると発表した。

<Optimus Logistics Centerの完成予想図>
Optimus Logistics Centerの完成予想図

<配棟図>
配棟図

<案件立地>
案件立地

「Optimus Logistics Center」は、海路ではアジアからの主要輸入玄関口であり、全米1位・2位の貨物取扱高を有するロサンゼルス港・ロングビーチ港に近接。空路ではロサンゼルス国際空港・オンタリオ国際空港へのアクセスが良好。陸路では大陸を横断する高速道路に近く、物流ネットワークを構築しやすい立地。物件特性はエリア最大級規模の希少な物件となる。

8月19日、開発用SPCであるRG/MRE Optimus LLC社に出資。同SPCの出資比率はMRE社50%、RGI社50%であり、総事業費は約1億2000万ドル(約130億円)となる。またこの物件の竣工は2018年8月の予定。

米国の物流施設マーケットは、eコマース需要増を背景として継続的に成長しており、今後も消費地に近く交通アクセスに優れた物流施設へのニーズは拡大すると期待されている。

この物件は人口集積地であるカリフォルニア州南部で、陸海空の交通の要衝へのアクセスに優れている一方、新規開発許認可の取得が容易ではない地域でもある。この地域では、延床面積13万4000m2規模の案件が希少なことから、eコマース事業者のみならず3PLや製造業者などの幅広いテナント需要に対応できる物件となる。

三井物産とMRE社は、米国における不動産開発事業に約30年取り組んでおり、2017年9月現在、米国西海岸地域を中心にシニア住宅の保有・運営(22施設、約2500室)、賃貸住宅の開発・賃貸(6プロジェクト、約1600室)、分譲住宅の建設・販売(7プロジェクト、約400戸)を主力事業としている。

今回、事業ポートフォリオ拡大戦略の一環として、消費者需要に応える住宅系の事業展開に加え、ビジネス需要を背景とした事業分野にも取り組むべく、米国において安定的な成長を続けている物流施設開発事業分野に参入し、中長期的に新たな収益の柱とすることを目指す。

RGI社は米国東海岸地域と西海岸地域を中心に約30プロジェクト、累計約120万m2の物流施設開発実績がある。また三井物産はRGI社の親会社である三菱地所と国内外の複数の物流施設開発案件を共同で推進しており、米国の物流施設開発へ参画する上で最適な事業パートナーと考えている、としている。

■概要
プロジェクト名:Optimus Logistics Center
(オプティマスロジスティックスセンター)
所在地:米国カリフォルニア州ペリス市
土地面積:約28ha
建物棟数:2棟
延床面積:約13万4000m2
<内訳>ビル1:約9万6000m2、ビル2:約3万8000m2
総事業費:約1億2,000万米ドル(約130億円)
スケジュール:着工 2017年8月、全体竣工 2018年8月

最新ニュース