JX金属コイルセンター/川崎事業所を川崎市幸区から川崎区に移転

2017年09月19日 

JX金属コイルセンターは9月19日、同社川崎事業所を2018年3月に移転すると発表した。

川崎事業所の敷地では、同社設立以前から倉見工場川崎分工場としてステンレス、特殊鋼の圧延製品の生産を行っており、既存の建屋、インフラ等の老朽化が進んでいる。

しかし、川崎事業所周辺環境の変化により大規模な建屋の増改築や設備増設が難しい状況にあるため、移転を決定した。

移転にあたっては、既存の設備のリニューアルを行うとともに、既に発表している倉見工場の能力増強に対応するため、スリッター2基、梱包ライン一式を新設する。

これによりスリット能力の増強と品質高度化を図り、各需要家からの供給要請が強まっている箔製品(0.1mm厚未満製品)や、長尺製品(8kg/mm製品)をはじめとする製品の安定供給体制を構築し、グル-プの事業基盤を一層強化していくことになる。

■概要
名称:JX金属コイルセンター
本社所在地:神奈川県高座郡寒川町倉見3
設立:1988年4月
事業内容:精密圧延製品のスリット加工 
現川崎事業所住所:神奈川県川崎市幸区塚越4-301
移転先住所:神奈川県川崎市川崎区小島町4-3
     (最寄駅:京浜急行大師線 小島新田駅)
移転スケジュール
移転先での生産開始:2018年3月を目途
移設完了     :2018年6月末まで

最新ニュース