日本郵船ほか/船舶IoT分野でのイノベーション創出に共同実験

2017年09月19日 

日本郵船(NYK)、NYKグループのMTI、日本電信電話(NTT)、NTTデータは9月19日、NYKグループが進めている船舶IoTの次世代プラットフォーム開発に関して、NTTのもつ陸上ベースの技術および研究開発成果を組み合わせた共同実験を開始したと発表した。

<次世代船舶IoTプラットフォーム共同実験の概念図>
次世代船舶IoTプラットフォーム共同実験の概念図

今後、NYK・MTIがもつ現場力や課題解決力とNTTがもつIoT関連の先端技術やNTTデータのICTソリューションを掛け合わせることで、情報通信技術(ICT)を活用した船舶IoT分野でのイノベーション創出に向けての取り組みを進める。

NYKは、2014年からの中期経営計画“More Than Shipping 2018 ~Stage 2 きらり技術力~”において技術力による差別化をテーマの一つに掲げ、技術力や現場力、創造性を発揮して新しいビジネスの創出や課題解決を具体化する取り組みを推進してきた。

海運会社にとって欠かすことのできない「安全」と「環境」への取り組みを一段とレベルアップさせるために、IoTやビッグデータなど、最新のICT活用によるイノベーションに注力し、データ活用による最適運航や船舶機器の故障予知・予防の研究、さらに将来の自律航行船に向けた技術開発も進めている。

安定的かつ効率的なIoTデータの船陸間共有を目指し、船陸間通信に関する独自の高い技術力をもつDualog社と戦略的協力関係を結び、船舶IoTの次世代プラットフォームの開発検討を進めている。

NTTは、顧客に選ばれ続ける「バリューパートナー」として、ICTを通じたパートナーとのコラボレーションにより、「Co-Innovation(共創・技術革新)」の取り組みを推進しており、今回の共同実験では、NTTの研究成果であるIoT関連の先端技術とNTTデータがもつAIとIoT関連の実績やノウハウを活用し、NYK・MTIとDualog社が検討している次世代船舶IoTプラットフォームの実現をサポートする。

関連キーワード:

最新ニュース