アスクル/AVC日高・関西の立ち上げも計画通り推移

2017年09月15日 

アスクルは9月14日、2018年5月期 第1四半期連結業績概要で、物流・配送施策の状況について解説している。

<AVC日高>
AVC日高

アスクル初のLOHACO専用センター「AVC日高」は、設備導入も計画通り進行中という。出荷能力は9月末で回復し、2018年5月期末で火災前に比べ160%超の出荷となる予定だ。

商品数も9月末で回復、2018年5月期末で火災前に比べ倍増となる予定だ。

<AVC関西>
AVC関西

アスクル最大・最新鋭の物流センター「AVC関西」は、2018年2月初旬に本格稼働を開始する。

延床面積は、約16万5000m2、在庫は25万SKU、省人化は従来比で19%改善するとしている。

自社グループ配送の拡大を図るため、「自社グループ ドライバー増員」「Happy On Time拡大(不在率低減)」「ビッグデータ・AIで配送の見える化改革」「エコ配を最大活用」する。

最新ニュース