成田・羽田空港/8月の貨物総取扱量12.5%増で17か月連続のプラス

2017年09月12日 

東京税関が9月6日に発表した成田空港・羽田空港における8月の貨物取扱量(速報)を発表し、両空港を合わせた総取扱量は23万4,116トン(成田空港18万7千トン、羽田空港4万7千トン)、対前年同月比12.5%増で17か月連続のプラスとなった。

成田空港は、総取扱量は18万7,027トン(前年同月比8.4%増)で17か月連続のプラス、積込量は9万536トン(11.1%増)、17ヵ月連続のプラス、取卸量は9万6,491トン(6.1%増)で16ヵ月連続のプラスとなった。

羽田空港は、総取扱量4万7,089トン(32.5%増)、18か月連続のプラス、積込量2万1,557トン(34.7%増)、18ヵ月連続のプラス、取卸量2万5,532トン(30.8%増)で42ヵ月連続のプラスだった。

最新ニュース