日本プロロジスリート/最高位の「Green Star」の評価を3年連続で取得

2017年09月11日 

日本プロロジスリート投資法人は9月11日、2017年の「グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)」調査において、最高位の「Green Star」の評価を3年連続で取得し、さらに「Asia Sector Leader」に選出されたと発表した。

「マネジメントと方針」、「ポリシーと開示」、「リスクと機会」及び「ステークホルダーとの関係構築(エンゲージメント)」への高い評価を受けたもの。

GRESBは、2009年に欧州の主要年金基金のグループを中心に創設された不動産セクターのサステナビリティ・パフォーマンスを測るベンチマーク。

9月現在、総額で約1870兆円(約17兆米ドル)の運用受託資産額を有する約60社の世界中の有力な機関投資家が加盟しており、上場と非上場不動産ポートフォリオへの投資運用のプロセスで投資先を選定する際などにGRESBを利用している。

GRESBの調査は、個々の不動産ポートフォリオとその運営者に対し、環境対応の姿勢・体制、企業としての社会への貢献、そして企業ガバナンスのそれぞれのクオリティと透明性を基準に評価を行い、グローバルな不動産ビジネスが社会をより良くすることに貢献することを目指している。

本投資法人は、物流施設開発のグローバルリーダーであるプロロジス・グループの一員として、こうしたGRESBの制度主旨に深く賛同し、今後も継続して参加・協力していくとともに、環境負荷をできるだけ低減したエネルギー効率のよい施設への投資とその運用に積極的に取り組んでいくとしている。

最新ニュース