三井物産/米国のトラックリース・レンタルとロジスティクスを強化

2017年09月08日 

三井物産は9月8日、米国を中心にトラックリース・レンタル事業とロジスティクス事業を展開するPenske Truck Leasing(PTL社)のリミテッドパートナー(LP)20%持分を保有しているが、この度 PTL社のLP持分を追加取得することで合意し、9月7日に関連契約書を締結したと発表した。

<PTL社トラック>
PTL社トラック

<PTL社拠点>
PTL社拠点

三井物産は投資子会社を通じてPTL社のLP持分10.0%をGE Capital Global Holdings(GEC社)社傘下投資子会社2社より約4万3500万米ドル(約480 億円)で取得する。

また同様にPTLの23.4%持分保有者であり、三井物産が株式の18.1%を有する Penske Automotive Group(PAG社)もGEC社傘下投資子会社2社より5.5%を取得、結果として、PTL社の持分保有比率は Penske Corporation(Penske 社)と PAG社の合計で70.0%、三井物産30.0%となる。

PTL社は北米でトラックのサービス付リース、法人・個人向けレンタル、保守請負事業を主に展開する最大手企業の一つであり、25万台超のトラック、トラクター、トレーラーを保有・管理している。また、子会社の Penske Logistics を通じ、北米、南米、西欧諸国、アジアでロジスティクス事業を展開している。

三井物産は国際総合輸送サービス事業会社たる PAG社の経営をPenske社とともに担っている。2001年のPAG社への出資参画以降、Penske社とのアライアンスを強化してきた。その後2015年にPenske社が経営するPTL社への出資参画の機会を得、この事業の発展に貢献している。

PTL社の拠点とする米国では持続的な人口成長及び荷動きの増加が見込まれ、環境規制対応による機材高度化等も相まって、トラックリース需要が堅調に伸びている。

これらを踏まえてPTL社の高い成長性に確信が持てたことから今回追加持分取得を行うことにした。

「モビリティ」は三井物産が本年5月に公表した中期経営計画の成長分野のひとつであり、三井物産の総合力を駆使し、PTL社を通じパートナー企業・関係会社向けにフリートマネジメント・サプライチェーン効率化のソリューションを提供していく。

■PTL社概要
名称:Penske Truck Leasing Co., L.P.
本社所在地:米国ペンシルバニア州
設立:1969年
事業概要:商用車リース・レンタル事業及びロジスティクス事業
http://www.GoPenske.com

■PAG社概要(ニューヨーク証券取引所上場:PAG)
名称:Penske Automotive Group, Inc.
本社所在地:米国ミシガン州
設立:1990年
事業概要:国際総合輸送サービス事業(主に乗用車小売事業)

最新ニュース