佐川急便/高山市~松本市間で貨客混載事業、実証実験

2017年09月07日 

佐川急便は9月7日、国土交通省中部運輸局、濃飛乗合自動車、アルピコ交通の路線バス会社2社と共同で、岐阜県高山市~長野県松本市間で手ぶら観光サービスの提供を実現するため貨客混載事業の実証実験を8月28日より開始したと発表した。

<運用フロー>
運用フロー

運用フローは、観光客がチェックアウト時に提携ホテルで預けた荷物を、佐川急便のドライバーが集荷。バス会社の車庫で集荷した荷物を預ける。

バス会社の車庫で、高山~松本間の高速バスの荷室に手荷物を積み込む。

高速バスが高山~松本間を輸送、バス会社の車庫で、送られてきた荷物を佐川急便のドライバーが預かり、高山市・松本市内の提携ホテルに届けるフローとなる。

高山市と松本市の間には上高地・乗鞍・新穂高など多くの観光地が存在し、さらに高山市は古い町並みに代表される歴史と伝統が息づく城下町、松本市は国宝松本城を擁しており、外国人を含む多くの観光客が訪れる。

両都市間の移動は高速バスの利用が主な手段となっているが、大きいサイズの手荷物を携行する傾向が高く、観光地での行動を制限されることがある。

佐川急便は手ぶらで観光できる環境の定着に向けて、バス事業者等と連携して貨客混載事業の実証実験を行う。

観光客が自ら荷物を運ぶ必要がなくなることで利便性が向上し、この地域の観光の活性化に貢献できるものと考えている。

■概要
受付時間:集荷10:00(高山市内、松本市内それぞれのホテルに19:00までに届ける)
料金:飛脚ジャストタイム便の料金
実証実験期間:8月28日~11月15日

最新ニュース