国交省/ASEANでの質の高いコールドチェーン物流を促進

2017年09月07日 

国土交通省は9月7日、第12回日ASEAN物流専門家会合で日ASEAN 交通連携の枠組みの下で、新たに「日ASEAN コールドチェーン物流プロジェクト」を推進するため、第15回日ASEAN交通大臣会合に提案することについてASEAN各国の承認を得たと発表した。

併せて、日ASEAN コールドチェーン物流ガイドライン案について議論を行い、次回の専門家会合で引き続き議論していくことが確認された。

会合では、ニチレイロジスティクスとヤマトホールディングスより、我が国の高品質なコールドチェーン物流サービスが紹介された。

ASEAN 各国より、物流事業者の能力向上、交通・物流インフラと電力インフラの向上、政府による政策の必要性などについて、ソフト、ハードの両面から課題が指摘された。

ガイドライン案は、その策定の必要性が共有され、ASEAN において質の高いコールドチェーン物流の構築のため、このガイドラインに基づいて物流事業者と政府が連携して取り組んでいく必要性について確認した。

最新ニュース