日通/ドローンの倉庫内活用で実証実験

2017年09月07日 

日本通運は8月24日、キヤノンマーケティングジャパン、プロドローンと共同で、倉庫内での在庫管理や物流施設警備へのドローンの活用に関する実験を自社の倉庫Tokyo C-NEXで実施した。

<パレットを貨物に見立てたテストコースで、床面と貨物との位置関係をレーザーで検知して半自律飛行するドローン>
パレットを貨物に見立てたテストコースで、床面と貨物との位置関係をレーザーで検知して半自律飛行するドローン

<凹凸のある貨物との距離を空中で一定に保ちながら飛行し、ドローンに搭載したリーダーでカメレオンコードを認識>
凹凸のある貨物との距離を空中で一定に保ちながら飛行し、ドローンに搭載したリーダーでカメレオンコードを認識

倉庫・流通施設等、非GPS環境下にある物流現場でドローンの積極的な活用を検討していくため、最新型ドローンを使用した実証実験を行い、現状の技術レベルの検証と実用化に向けた課題を確認する狙いで実施した。

同社では、ロジスティクスエンジニアリング研究・開発の一環として、関係先と協力し、ドローンが持つ「飛ぶ」という機能を基本に、「運ぶ」ことはもちろん、「見る」「探る」「調べる」「監視する」といった、ドローンの特性を活かした多方面での活用を今後も検討して行く考え。

実験は、倉庫に見立てたセットによる半自律飛行を行い、飛行高や貨物から一定距離を保持する自律飛行機能の一部を実証した。

さらに、飛行しながらのカメレオンコード読み取りを行い、超高感度多目的カメラによる警備を想定した撮影を行った。

成果として、非GPS環境下において、飛行高や貨物からの距離を一定に保って半自律飛行を確認するとともに、飛行しているドローンに搭載したカメラで、カメレオンコードの一部を読み取ることができ、超高感度多目的カメラにより、照明を落とした物流施設内で対象物を認識できた。

カメレオンコードは、シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックを使った高速・高精度の複数認識が可能なカラーバーコードで、倉庫内を半自律で飛行するドローンからカメレオンコードを近距離で読み取る実験としては世界初という。

課題となったのは、ドローンの前後方向への移動も自律飛行する完全自律飛行の実現と、カメレオンコード等の読み取り精度の向上に向けたカメラおよびドローンの技術開発。

■ドローンの機器概要
モーター軸間距離:1,058mm
本体重量:4.6kg ※バッテリー含む
ペイロード(搭載可能重量):3.5kg

最新ニュース