JLL/自動車部品工場移転プロジェクトの専任アドバイザリー業務受託

2017年09月06日 

JLL(ジョーンズ ラング ラサール)は9月6日、GKNドライブラインジャパンより名古屋事業所新工場移転プロジェクトの専任アドバイザリー業務を受託したと発表した。

名古屋新工場は、中部国際空港に隣接する愛知県常滑市に建設予定で、敷地面積約2 万m2、地上2階建て、2018年度中に完成、2019年に移転完了予定。なお、2017年9月7日、建設予定地で地鎮祭を行う予定。

GKNドライブラインは、自動車駆動系システムやソリューションの世界有数のサプライヤーで、世界の主要自動車メーカーに製品を供給している。

JLLは名古屋事業所新工場移転プロジェクトの専任アドバイザーとして、不動産情報の収集及び評価、予算及び要件立案、各種契約へのアドバイス、投資家及び建設会社の選定、施設を利用する部門並びに担当者へのヒアリングをもとにしたプロジェクト立案、工程及びコスト管理、海外担当者への概要説明など不動産取引並びに建築プロジェクトマネジメントに関する一連の業務を全面的にサポートしている。

JLLマーケッツ事業部インダストリアル&ロジスティクスサービス山田 剛氏は、「今回のプロジェクトについても、GKNドライブラインのニーズや課題を精査する中で、候補物件の情報提供のみならず、同社のアドバイザーとしてプロジェクト全体をサポートすることを提案、新拠点に関する要望の取りまとめ、不動産情報の収集・比較・精査から不動産取引だけではなく、建物竣工までの建設プロジェクトマネジメントの面からも包括的にお手伝いしている。まずは候補地が確定し、新工場の工事が始まるが、来年の完成に向けて、今後も全面的にサポートしていく」と話している。

最新ニュース