東芝メモリ/新拠点を岩手県北上市に決定

2017年09月06日 

東芝メモリは9月6日、新拠点を岩手県北上市に決定したと発表した。

東芝メモリでは、エンタープライズ用サーバやデータセンター向けを中心にフラッシュメモリの需要拡大が見込まれることから、TMC四日市工場に加えて新規拠点の検討を進めてきた。

進出可能時期や優秀な人材確保等の観点から総合的に評価し、新規拠点を岩手県北上市の北神工業団地エリアに決定したもの。用地拡張に関する調査や自治体との調整などの準備作業を開始する。

2018年新棟の建設開始を目標に準備作業を行うが、具体的な建設計画、設備投資等については、市場動向を踏まえ、今後決定する。

TMCとしてこの新棟へのサンディスク社の参画を別途協議する。

TMC四日市工場では第6製造棟と開発センターの建設を進めており、今後も同社四日市工場の生産・開発体制の強化を図る。

最新ニュース