ZMP/研究開発用移動台車プラットフォーム受注開始

2017年09月06日 

ZMPは9月6日、コンピュータ制御可能な研究開発用移動台車プラットフォームPOWER WHEEL II(パワーホイールツー)の受注を開始したと発表した。

<POWER WHEEL II (写真は開発中のもの)>
POWER WHEEL II (写真は開発中のもの)

大容量リチウムイオン電池を搭載、高出力モータを用いた独立二輪駆動方式の6輪(中央部駆動輪×2、自在輪×4)台車で8時間の走行が可能。

積載スペースは幅650mm×奥行950mm、最大積載重量は100kgでさまざまな実験機材の搭載が可能だ。

標準センサとして、高精度ロータリエンコーダ、慣性センサ、測距センサを搭載、オプションとして、レーザーセンサやステレオカメラ・単眼カメラ、などの搭載が可能。

外部に設置したPC(オプション)から通信機能を用いて遠隔操作の実験も可能。制御用PCとしてLinux PCを搭載、モニタ・キーボード(オプション)を接続しオンボードでの開発が可能となった。

ソフトウェア開発環境(SDK)として、各種センサ情報の取得、モータ駆動、通信(WiFi)などのライブラリとサンプルプログラムが付属、これらを用いて顧客が自由にアプリケーションを開発することができる。

POWER WHEEL IIは、さまざまな実験機材を搭載し長時間の実験が可能な自動搬送・移動ロボットの研究開発プラットフォームとして開発した。

物流倉庫や工場内の次世代自動搬送機の研究開発、自律移動台車・移動ロボットを用いた新たなサービスの研究開発など、汎用的な移動台車ロボットプラットフォームとして活用できる。

価格は、300万円(税別)で受注開始、12月の出荷を予定している。

最新ニュース