JALほか/「NIPPON ICHIBA」を活用した農産物、輸出開始

2017年08月30日 

日本航空(JAL)、農業総合研究所、世界市場の3社は8月29日、世界市場が構築した市場プラットフォーム「NIPPON ICHIBA」を活用した農産物の輸出の準備が整い、帯広市近郊にある芽室集荷場から、香港および東京近郊のスーパーマーケットへ初出荷を行った。

<集荷したスイートコーン>
集荷したスイートコーン

<航空貨物用コンテナへの積み込み>
航空貨物用コンテナへの積み込み

<航空貨物用コンテナをトラックへの積み込み>
航空貨物用コンテナをトラックへの積み込み

<航空貨物用コンテナを機内に積み込む>
航空貨物用コンテナを機内に積み込む

帯広空港から香港空港までは、JAL CARGO(貨物部門)の提供する「J-LINK」サービスにより輸送する。

出荷される農産物は、緑豊かな十勝芽室の農業経営者のグループ「なまら十勝野」が安心・安全・美味しいを追求し、こだわりをもって育てた。

「肥沃な十勝平野で育んだ、とっても美味しい野菜を多くの人に届けたい」、そんな思いが込められている。

なお、3社は地方発農産物の取引拡大と日本の農産物の世界への輸出拡大を促進することで、ビジネスとして魅力ある農業の確立や地域の活性化に貢献することを目的とし、7月に連携協定を締結している。

■概要
出荷する農産物:スイートコーン、ミニトマト、小玉西瓜、人参、ケールなど
搭載されるフライト:
国内線フライト:8月29日JL572便(帯広13:55発/羽田15:35着)   
国際線フライト:8月30日JL029便(羽田10:00発 /香港13:35着)
販売先:香港 ヤッタ・スーパー(YATA)、パークン・ショップ(PARKnSHOP)

最新ニュース