シチズン時計/6億円投じ、鹿児島県に新工場棟建設

2017年08月29日 

シチズン時計マニュファクチャリングは8月29日、子会社のシチズン時計鹿児島が工場棟を増設すると発表した。

<工場棟を増設>
工場棟を増設

シチズン時計鹿児島はシチズングループの腕時計部品の製造工場として1991年に創立。腕時計の駆動装置(ムーブメント)に使用する歯車・ネジ・チューブ・軸・ピン・機械式時計特殊部品など精密部品を製造している。

5年ぶりの新工場棟建設となり、7月着工、竣工は来年3月、稼動は4月を予定している。

増設する工場は2階立てで同敷地内に5つ目の工場棟となる。

1階部分は製造工場でこれまで分散していた工程を集約し、工場全体で製造用機械を最適に配置することで生産能力を向上させる。2階部分は新たに給食施設を伴う社員食堂を設け、従業員の働く環境の改善にも取り組む。

■新工場概要
名称:シチズン時計鹿児島
所在地:鹿児島県日置市東市来町湯田5839
生産品目:腕時計用部品
敷地面積:4万7947m2
延床面積:2776m2
(1階部分2051m2、2階部分725m2)
構造:鉄骨作り一部2階立て 基礎RC鉄筋コンクリート、2階床鋼板デッキ上にコンクリート
投資金額:約6億円
従業員数:350名(今後段階的に20名新規採用予定)
着工:2017年7月
竣工:2018年3月
稼動:2018年4月

最新ニュース