三菱ふそう/インドネシアでメルセデス・ベンツトラックの生産開始

2017年08月29日 

三菱ふそうトラック・バスとダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)が協業を行うダイムラー・トラック・アジア(DTA)は8月29日、メルセデス・ベンツの大型トラックの生産をインドネシア西ジャワ州のワナヘラン工場にて開始すると発表した。

<左からダイムラー・コマーシャル・ビークルズ・インドネシア社長 マーカス・フィリンガー、インドネシア 経済調整省次官 エディ・プトラ・イラワディ次官、ティム・グリーガー生産本部長>
左からダイムラー・コマーシャル・ビークルズ・インドネシア社長 マーカス・フィリンガー、インドネシア 経済調整省次官 エディ・プトラ・イラワディ次官、ティム・グリーガー生産本部長

生産開始はDTAにとり、アジアで最も重要な市場であるインドネシアへの拡販戦略。

FUSOは46%以上のシェアを誇り、長年同市場をリードするブランドで、品質と技術を備えたメルセデス・ベンツの大型トラックをインドネシアに導入することにより、同市場での製品ラインナップを拡充していく。

DTAは神奈川県川崎市の川崎工場とインド、チェンナイのオラガダム工場の2か所の生産拠点で、FUSO、バーラト・ベンツ、そしてメルセデス・ベンツのブランドを製造し国内外に提供している。

大型トラック”Axor”(アクサー)は、最新鋭設備を備えたDICVのオラガダム工場で生産するKD(ノックダウン)キットを、西ジャワ州ボゴールのメルセデス・ベンツ ワナヘラン工場に仕入れ、組み立てる。KDによる初のメルセデス・ベンツブランドの製造は、オラガダム工場がダイムラーの最高品質基準を満たしたことを証明した。

同市場では、1970年にFUSOブランドが市場参入、翌年の販売以来46年にわたり小型トラック部門でトップシェアを獲得している。今年3月には、小型トラック「コルトディーゼル」が1975年の販売以来、累計100万台という大きなマイルストーンを達成した。

最新ニュース