三谷産業/3.6億円投じ、ベトナム子会社が工場を増築

2017年08月29日 

三谷産業は8月29日、ベトナム子会社で車載向け樹脂成形品と樹脂成型品と電子部品を組み合わせた複合ユニット製品の製造を行なう、Aureole unit-Devices Manufacturing Service(以下:ADMS社)の工場増築が竣工したと発表した。

<増築部分外観>
増築部分外観

<増築部分内観>
増築部分内観

増築では、ADMS社既設の工場建屋と Fujitsu Computer Products of Vietnam(以下:FCV社)に隣接する敷地に工場を拡張し、延床面積を従来の約2倍に拡大した。

成形、組立と検査エリアを新たに設置し、作業動線の改善や自動化による効率化、生産設備の増設によってベトナム屈指の生産能力を保持する工場となる。

三谷産業グループが掲げる「良品しかつくらない製造工程」を構築すべく、生産準備活動の徹底にも取り組むとしている。

今後は、FCV社が製造する電子部品と ADMS社が製造する樹脂成形品を組み合わせた複合ユニット製品の組立ラインを増築部の2階に本稼働させ、業容拡大を図る。

■概要
所在地:ベトナム社会主義共和国ドンナイ省ビエンホア工業団地
建物概要(増築部分)
敷地面積:4052m2
延床面積:5391m2
成型機設置可能台数:48台
建物概要(既設工場)
敷地面積:8971m2
延床面積:4384m2
成型機設置可能台数:30台
工期:2017年2月~8月
投資金額:3億6000万円

最新ニュース