広島県、ヤマトHD/包括的連携に関する協定を締結

2017年08月29日 

広島県とヤマトホールディングス、ヤマト運輸は8月29日、緊密な相互連携・協働の取り組みによる、地域の活性化と県民サービスの向上を目的とした「包括的連携に関する協定」を締結したと発表した。

<左より:広島県子育て応援キャラクター「イクちゃん」、ヤマト運輸 黒岩支社長、広島県 湯﨑知事、ヤマトホールディングス 木川会長、ヤマト運輸キャラクター「クロネコ」「シロネコ」>
左より:広島県子育て応援キャラクター「イクちゃん」、ヤマト運輸 黒岩支社長、広島県 湯﨑知事、ヤマトホールディングス 木川会長、ヤマト運輸キャラクター「クロネコ」「シロネコ」

「包括的連携に関する協定」の取り組み内容は、「県政情報の発信・観光振興に関すること」「県産品の販売促進に関すること」「地域防災に関すること」「地域の安全・安心に関すること」「少子化対策・子育て支援・青少年育成に関すること」「教育の振興に関すること」「高齢者支援・障がい者支援に関すること」「環境対策に関すること」「その他、 県民サービスの向上、 地域社会の活性化に関すること」の9項目。

県産品の販売促進に関することでは、ヤマトグループが関わる海外でのコンベンションへの出品支援を行い、 県内の生産者や事業者と海外バイヤーとの商談機会を創出する。

アジア圏へ最短翌日にお届けする国際間の小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」により、高品質な県産品を鮮度を保ったままスピーディーに届け、付加価値を高めることで販路拡大を支援する。

地域防災に関することでは、ヤマトホールディングス傘下のヤマトホームコンビニエンスが提供する引越しサービスを利用した県転入者向けに、 家具家電の転倒防止用品の無料設置(1世帯に付き、 家具または家電1点)を行うなど、 県の『「みんなで減災」県民総ぐるみ運動』を推進する。

最新ニュース