日立ソリューションズ・クリエイト/貨物ダメージ情報管理を提供

2017年08月28日 

日立ソリューション・クリエイトは8月28日、「モバイルスクエア・プラス」ソリューション群に、管理精度の向上を実現する「貨物ダメージ情報管理ソリューション」を追加し、販売開始した。

<利用イメージ(システム構成)>

貨物ダメージ情報管理は、物流での運送・保管の過程で発生する貨物のダメージ状態を管理する業務。

運送に携わる業者が物流の拠点において貨物のダメージ状態を相互確認し、いつ、どこでダメージが発生したか、またその状態・程度などの記録を残すことで、破損等のトラブルが発生した際に、自社に責任がないことを証明することが可能になる。

貨物ハンドリング現場でモバイルデバイスを活用し、貨物のダメージ情報管理の作業負荷軽減による効率化と、貨物のダメージ状態と画像を紐付けることにより管理精度の向上を実現した。

カメラ機能付きモバイルデバイスを活用することで、貨物のダメージ画像の撮影や、その貨物を特定するキー情報と貨物のダメージ状態の紐付け作業などを現場で完結することが可能になる。

例えばダメージ画像をデジタルカメラで撮影した場合、保存された画像データに対して、後付で貨物のキー情報を付与する必要があるが、このシステムでは、撮影画像を保存するタイミングで、貨物のキー情報をはじめとして、ダメージの程度や貨物の補足情報も一括で記録でき、管理精度の向上を図ることが可能。

また、モバイルデバイス上で搬入者・受取者の手書きサインを行う機能や、そのサインを画像データと共に管理する機能、面倒なレポート作成を支援する機能などを用意し、ダメージ状態の記録や相互確認、報告など、貨物のダメージ情報管理に伴う一連の業務負荷を軽減することで、大幅な効率向上を実現する。

さらに、貨物ダメージ分析機能(オプション)を利用すると、ダメージ特性やダメージ状況分析が可能となり、貨物ハンドリングの業務改善に活用することも可能だ。

価格は個別見積、出荷開始予定日は10月2日、販売目標は今後3年間で5億円の売上を見込んでいる。

問い合わせ
カスタマーサポート部
http://www.hitachi-solutions-create.co.jp/contact/solution.html
hsc-contact@mlc.hitachi-solutions.com

最新ニュース