商船三井/救命艇・進水装置などの整備事業所として船級承認を取得

2017年08月24日 

商船三井グループのMOLエンジニアリングは8月24日、日本海事協会(ClassNK)より、救命艇、進水装置、負荷離脱装置及び自動離脱フックの整備事業所として、承認を取得したと発表した。

<救命艇・進水装置の年次検査>
救命艇・進水装置の年次検査

救命艇・進水装置の年次検査
業務に関するClassNKの承認取得は国内で2社目。

船舶の安全設備の点検整備は、海上での人命の安全のための国際条約(SOLAS条約)により規定されており、MOL エンジニアリングは、商船三井グループが運航する船舶に搭載されている救命艇・進水装置の年次検査(5年次検査)を年間約130件実施している。

MOL エンジニアリングはこの業務の品質向上に継続的に取り組んでおり、今回のClassNKからの承認証書取得によって、国際船級協会連合(IACS:International Association of Classification Societies)の定める統一規則(UR:Unified Requirement)に適合したサービスであることが認められたもの。

最新ニュース