いすゞ自動車/フォワードをリコール、対象台数2万台

2017年08月24日 

いすゞ自動車は8月24日、国土交通省にフォワードのリコールを届け出た。

不具合の部分は緩衝装置(シャックル)。

中型トラックで、右側フロントリーフスプリングのシャックル取付け用ナットを固定するロックプレートの組付けが不適切なものがある。そのため、そのまま使用を続けると、このナットが緩み、最悪の場合、シャックルが脱落するおそれがある。

全車両、このロックプレートの組付け状態を点検し、組付け状態が不適切なものは、ロックプレートを新品に交換するとともに、正規に組付ける。

リコール対象車の台数は計2万2062台。不具合の件数は42件、事故はなし。

■型式等は下記URLを参照。
http://www.mlit.go.jp/common/001198021.pdf

最新ニュース