旭化成/中国に樹脂コンパウンド製造工場を建設

2017年08月23日 

旭化成は8月23日、子会社の旭化成(中国)が、樹脂コンパウンド製造工場を中国江蘇省常熟市に建設を決めた。

同社は、マテリアル領域でのエンジニアリング樹脂事業を重点戦略事業と位置づけ、グローバルに展開するとともに自動車用途向け等での拡大を目指している。

中でも、樹脂コンパウンド事業は、日本、中国、タイ、シンガポール、米国、メキシコ、ドイツで製造拠点や販売拠点を有しており、グローバルネットワークを強化している。

中国市場での需要拡大と顧客のニーズに応えた安定供給体制の拡充を図るため、江蘇省常熟市においてコンパウンド製造工場を建設することを決定したもの。

■計画概要
社名:旭化成塑料(常熟)
出資:旭化成(中国)100%
立地:中華人民共和国江蘇省常熟市 新材料産業園区内
生産能力:2.8万トン/年
生産品目:ポリアミド、ポリプロピレンを中心とした機能樹脂コンパウンド品
稼働予定:2020年初頭

最新ニュース