SGホールディングス/小学生向けのスポーツ体験イベントを協賛

2017年08月23日 

SGホールディングス(SGHD)は8月23日、協賛する小学生向けのスポーツ体験イベント「SG ホールディングス キッズスポーツキャンプ 2017」が、8月1日~8月4日に滋賀県守山市のグループ保有施設「守山パーク」と京都市の龍谷大学深草キャンパスで開催したと発表した。

<陸上競技で有森裕子さんと子供たちとの集合写真>
陸上競技で有森裕子さんと子供たちとの集合写真

<ソフトボールで宇津木妙子さんに指導を受ける子供たち>
ソフトボールで宇津木妙子さんに指導を受ける子供たち

イベントは、女子マラソン五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんが14年前から開催している「キッズ・スポーツ体験キャンプ」をベースとして、昨年に続きSGHD協賛2回目の開催となったもの。

4日間のイベントには有森裕子さんをはじめ、各ジャンルのトップアスリートやパフォーマーを講師に迎え、滋賀県を中心に小学1~6年生の男女57人(うち前回からのリピーター13 人)が参加した。

スタッフには将来スポーツや教育に携わることを志望する学生20人が、子供たちのグループリーダーとして4日間を共にした。

そのほか、SGHDグループのソフトボール部と陸上競技部の選手陣も参加し競技指導をサポートした。2020年にオリンピック種目に復帰するソフトボールをはじめ、今年度は2020 年東京パラリンピックの正式種目であるシッティングバレーや、中学校で必修となったダンスを新たに取り入れた。

参加した子供たちからは「苦手だと思っていたスポーツも、やってみたら楽しかった」「パラリンピックで選手を応援したい」という声のほか、学生スタッフからは「短い間にも子供たちが親元を離れて大きく成長していることが分かり、とても嬉しい」「自分自身が成長できた」といった声が聞こえた。

キャンプナビゲータ有森裕子さんは「スポーツには『ルールを守る』、『仲間を助ける』、『大きな声で挨拶をする』等の社会性を学び実践する場面がたくさんある。子供たちの個性や良いところを引き出すことによって、未知のことにもまずは挑戦する気持ちを持てるような指導をしていきたい。また、このキャンプは『共育』の場であって、サポートの大学生にもこのキャンプを通じて大きく成長してもらい、社会で活躍してもらいたいと考えている」とコメントしている。

最新ニュース