アドバネクス/インド・チェンナイ近郊のオラガダムに工場を建設

2017年08月22日 

精密ばね製品のアドバネクスは8月22日、インド・チェンナイ近郊のオラガダムに子会社を設立し工場を建設すると発表した。

オラガダムは近年、数多くの日系・欧米系自動車メーカーと自動車部品メーカーが進出しており、自動車産業の集積地として注目されている。

物流インフラの整備が進んでおり、高い教育水準の人材が豊富であるなどの有利な条件も揃っている。

アドバネクスは、従来のシンガポール工場とタイ工場から輸入していた製品を現地生産化するとともに、その優位性を活かしインド国内の需要取り込みをはかっていくとしている。

なお、現在シンガポール子会社( Advanex(Singapore)Pte.Ltd.)傘下のチェンナイ、デリー、プネーの営業所は同社設立後、同社の傘下に再編される予定だ。

■設立する子会社の概要
商号:Advanex(India)Private Limited
所在地:Oragadam, Tamil Nadu, India
事業内容:各種精密ばね製品等の製造・販売
資本金:USD160,000(約1800万円)
出資比率:95% Advanex(Singapore)Pte.Ltd. 5%アドバネクス
設立年月日:2017年9月(予定)
稼動開始:2018年7月(予定)
工場規模:2157m2

最新ニュース