ナビタイムジャパン/商用車に繋がる周辺機器情報をスマホに集約

2017年08月22日 

ナビタイムジャパンは8月22日、商用車向けのさまざまな周辺機器の情報をスマートフォンに集約した「NAVITIME IoT Smart」を発表した。

<サービスイメージ>
サービスイメージ

「NAVITIME IoT Smart」では、それらの機能や各種センサー情報等をBluetooth経由でスマートフォンを介してクラウド上に集約し、「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」や「トラックカーナビ」上で一元管理できるようにすることで、車内のディスプレイをスマートフォンのみにし、さらに通信契約の一本化も実現する。

集約したデータは、管理者が動態管理に使用するだけでなく、ログデータとして分析し、業務改善や輸送品質管理等にも活用可能。

ドライバーには、車内のディスプレイがスマートフォンに集約されることで各種情報を一つの画面で確認でき、異常検知がしやすくなるメリットがある。

管理者には、クラウド上の各種センサー情報等で、より詳細な車両やドライバーの情報を一元管理でき、高度な動態管理が可能。集約したIoTデータを、ビッグデータとして情報分析し、業務改善や輸配送品質管理等にも利用可能だ。さらに、スマートフォンの通信網を利用することで、機器ごとの通信契約も不要となり、通信コストの削減も可能となる。

各種センサー等の機器メーカーには、センサー情報をBluetoothでスマートフォンに送れるようにするだけで、専用レシーバーや通信モジュールを搭載することなく、IoT化が可能だ。

最新ニュース