リソーコ/物流・倉庫の新3K掲げ、オリジナルブランド立上げ

2017年08月22日 

イーソーコグループで倉庫リノベーション事業わ推進するリソーコは8月22日、「倉庫をもっと身近に感じてほしい」という思いから、「倉庫っぽい」をテーマにしたオリジナルブランド「SOHKOMAN(ソーコマン)」を立ち上げ、同名のサイト「SOHKOMAN」をオープンした。

<SOHKOMANオリジナルアイテム Tシャツ>
SOHKOMANオリジナルアイテム Tシャツ

<THIS SIDE UP MAG>
THIS SIDE UP MAG

<PALETTE / CONTAINER BANDANA>
PALETTE / CONTAINER BANDANA

サイト運営は同グループのイーソーコドットコムが行う。

倉庫という「場所」が持つ本当の力や可能性を、さまざまな形で発信してきたリソーコだが、「 場所」に捉われない形(グッズ等)でも倉庫の魅力を発信していきたいと考え、このオリジナルブランド「SOHKOMAN」を立ち上げたもの。

「SOHKOMAN」は、“倉庫っぽい“をテーマにデザインやセレクトされたグッズをサイト上で販売することで、近くの人々にも、遠くの人々にも「あ、倉庫ってなんかかっこいいな、おしゃれだな」と思ってもらえることを目指している。

今までどうしても「3K(きつい、汚い、危険)」のイメージを持たれがちだった倉庫業界だが、そのイメージは単なる「イメージ」でしかないということをこのSOHKOMAN を通じて発信し、新しい倉庫業界のイメージとして「新3K」を提唱する。

SOHKOMAN が掲げる新3Kは「かっこいい」「稼げる」「感動する」の3つ。倉庫が持つ、そして倉庫に関わる人たちの持つ魅力(かっこよさ)、倉庫を倉庫以外の用途でも使うことによる無限の可能性(稼げる)、人と場所が重なった時に生まれるアツい想い(感動)。

この新3Kを浸透させることにより、現在、倉庫・物流業界全体に及んでいる人手不足や高齢化といった問題を少しでも改善するきっかけになればとしている。

倉庫の魅力を、おしゃれに、そしてユニークに。普段使いのグッズやウェアラブルな形にして、もっと身近に。いつもなら接点のない倉庫というものをあなたのそばに。「SOHKOMAN」は場所にとらわれない方法で、倉庫の本当の魅力や可能性を伝え、人々と倉庫の架け橋になる。

■「SOHKOMAN(ソーコマン)」概要
企画:リソーコ(Re-SOHKO inc.)
ブランディングプロデュース&トータルデザイン:アンドロップ(undrop inc.)
サイト運営:イーソーコドットコム(e-SOHKO.com inc.)
http://sohkoman.com

最新ニュース