大和ハウス工業/山口県防府市に22haの産業団地開発、物流施設も

2017年08月22日 

大和ハウス工業は8月22日、防府市と産業団地造に伴う協力協定書を締結したと発表した。

<計画地>
計画地

山口県防府市での産業団地開発は、2015年1月の防府テクノタウンに続き、2か所目となる。

(仮称)防府第二テクノタウンは、企業の製造施設、物流施設、研究所など事業展開に沿った大型施設をはじめ、エリア拠点の新設などが可能な産業団地。総事業面積(敷地面積)は約22ha、販売予定面積は約20haを予定している。造成工事完了は2019年11月を予定している。

立地は、山陽自動車道防府西ICから約7kmと近接しており、中国・四国地域だけでなく、関西・九州地域へのアクセスも容易。JR 山陽本線防府駅から約7.2km に位置しているため、職住近接の就労環境も整っている。

5km圏内には、マツダの防府工場(中関地区)やブリヂストンの防府工場、協和発酵バイオの山口事業所防府などが集積しているため、各関連企業の誘致として最適な場所となっており、工場の生産活動に利用する水資源が豊富であることも特長となっている。

2014年度の山口県での発貨物輸送機関割合は自動車が60.9%、海運が38.7%であり、山口県の海運比率は全国平均(10.7%)と比べて高くなっている。

(仮称)防府第二テクノタウンは、重要港湾に指定された三田尻中関港にもアクセスしやすいため、海運輸送を中心とする企業から市内中心部へのアクセスを主とする企業まで幅広いニーズに対応できる。

■(仮称)防府第二テクノタウンの概要
設置場所:山口県防府市大字浜方字三ノ枡534、535
事業規模:約90億円を予定(土地と建物)
総事業面積:約22ha(「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の約9.5倍)
販売予定面積:約20ha

最新ニュース