味の素AGF/賞味期限を年月日から年月に変更、物流効率化目指す

2017年08月17日 

味の素AGFは8月17日、賞味期限表示の「年月日」から「年月」への変更とそれに伴う賞味期間の延長を、7月1日より順次実施し、2017年度中に約9割、2018年度中の完了を予定していると発表した。

製・配・販連携によるサプライチェーン全体にわたるフードロス削減や物流効率化への貢献を目指す。

AGFは、賞味期間が9か月以上の家庭用製品162品目の賞味期限を「年月」表示へ変更し、併せて賞味期間を延長する。

これにより、店舗や倉庫での管理対象ロット数の減少や保管スペースの極小化等のオペレーションの簡素化が期待できるとしている。

最新ニュース