鴻池運輸/4~6月期の売上高3.5%増、営業利益2.9%減

2017年08月10日 

鴻池運輸が8月10日に発表した2018年3月期第1四半期の業績は、売上高669億1300万円(前年同期比3.5%増)、営業利益30億3100万円(2.9%減)、経常利益31億3800万円(0.1%減)、当期利益19億5400万円(12.7%減)となった。

複合ソリューション事業の売上高は466億3400万円(3.9%増)、営業利益は39億6700万円(4.6%増)となった。

国内物流事業の売上高は119億1400万円(2.8%増)となった。しかしながら、営業利益は、子会社において工作機械や建設資材の運搬業務が減少した他、燃油価格の上昇による配送コストの増加等により、3億6200万円(13.4%減)となった。

国際物流事業の売上高は83億6300万円(2.2%増)となった。しかしながら営業利益は、アメリカ子会社における新冷凍・冷蔵倉庫の建設遅れによる既存倉庫の修繕費増加等により、1億6200万円(42.1%減)となった。

通期は、売上高2781億円(7.7%増)、営業利益110億円(7.5%増)、経常利益113億円(5.4%増)、当期利益70億円(4.3%減)を見込んでいる。

最新ニュース