GLP/埼玉県で3.1万m2のマルチテナント型物流施設開発

2017年08月09日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は8月9日、埼玉県新座市で延床面積約3万1000m2のマルチテナント型の物流施設「GLP 新座」の開発を行うと発表した。

<GLP新座の完成イメージ>
GLP新座の完成イメージ

<広域地図>
広域地図

<詳細地図>
詳細地図

2018年春に着工予定、2019年春に竣工予定。

GLP 新座は、都心部から約25km、関越自動車道所沢ICから約1.5kmに所在し、東京外環自動車道和光ICも利用が可能な上、国道254号線も至近で、埼玉県南部から南西部、東京都の城北・城西、多摩地域などの幅広いエリアをカバーできる配送拠点として最適な立地となっている。

JR 武蔵野線新座駅より1.5kmの徒歩圏内であることに加え、近隣に住宅地が広がっていることから雇用確保の観点からも適している。

地上4階建てで、全棟を1社もしくは最大2社までの分割利用が可能。

倉庫内での保管ニーズの最適化を目指し、2・3階の天井高を6.5mとし、パレット4段積みを可能とし、併せて2~4階のいずれかの床荷重を1m2当たり2.0トンとして、重量物にも対応可能とする予定。

1階部分は低床化のニーズに対応するためにバースレベルにエレベータを停止させることを可能とする工夫を加えている。

コスト意識を踏まえた環境対策として、大型シーリング・ファン「ビッグアスファン」の設置や卓越風の利用、自然光採光や施設内の街灯に太陽光エネルギーを採用するなどさまざまな取り組みを行う予定。

GLPの帖佐義之社長は、「『GLP新座』は東京、埼玉両都県の相当の配送人口を網羅出来る物流拠点として最適な立地に所在している。物流不動産を専業とするGLP が今までに蓄積してきた経験やノウハウを活かした最適な物流ソリューションを提供できる施設だと考えている。今後も色々な視点から施設仕様やサービスに工夫を施し、幅広いニーズに応える物流オペレーションを提案していく」と述べている。

■施設概要
施設名:GLP新座
所在地:埼玉県新座市大和田
敷地面積:約1万5000m2
延床面積:約3万1000m2
構造:耐震・鉄骨造
着工:2018年春(予定)
竣工:2019年春(予定

最新ニュース