JR貨物/鉄道コンテナ利用キャンペーン

2017年08月08日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は8月8日、鉄道コンテナ輸送の更なる認知度の向上と利用促進を目指し、全国通運連盟と共同で「鉄道コンテナ利用キャンペーン2017」を実施すると発表した。

期間は2018年3月末まで。鉄道コンテナ輸送の認知度向上と利用促進を図るためで、キャッチフレーズは「レールがつなぐ地球の未来、やさしく便利な鉄道コンテナ輸送」。

全国各地の展示会に出展し、大型出店イベントでは、12フィートコンテナの実物展示や鉄道コンテナ輸送の「仕組み」や「特長」を、「音声ガイドペン」を使用したアートギャラリー風の展示ブースで分かりやすく紹介する。

エコレールマーク認定商品の展示、プロモーションビデオの上映、貨物列車のプラレール展示も行う。

10月11日(水)~13日(金)には、西日本総合展示場新館(北九州市小倉)を会場に「エコテクノ2017」に出展する。

12月7日(木)~9日(土)には、東京ビッグサイト(東京都江東区)を会場に、「エコプロ2017」に出展する。

そのほか、各地で小型イベントも出展する。

「鉄道コンテナお試しキャンペーン」 では、鉄道コンテナ輸送の利用を検討中の顧客に、その使い勝手を実感してもらうために、費用の8割を全国通運連盟が負担する「お試しキャンペーン」を実施している。

対象貨物は、鉄道コンテナ輸送を新規にご利用することをお考えの貨物。現在ご利用中の区間で、輸送品質の改善やパレット化に向けた試験をお考えの貨物。現在利用中の区間で、新たに輸送区間の拡大を考えの貨物。

対象個数は、最大2個、輸送回数は2回まで。対象エリアは、国内のコンテナ取扱駅(オフレールステーションを含む)を発駅及び着駅とする区間。取扱期間は2018年2月28日まで。

■鉄道コンテナお試しキャンペーン
http://www.t-renmei.or.jp/contena/otameshi/

最新ニュース