国交省/新型航空保冷コンテナの研究開発に着手、ヤマト運輸が参画

2017年08月07日 

国土交通省は8月7日、国内から海外までの一貫したコールドチェーン物流の提供を可能とするため、新型航空保冷コンテナの開発に着手すると発表した。

<新型航空保冷コンテナによる輸送イメージ>
新型航空保冷コンテナによる輸送イメージ

<研究開発スケジュール>
研究開発スケジュール

国交省では、2019年までに我が国農林水産物・食品の輸出額を1兆円とする目標の達成に向けて、今年度より交通運輸技術開発推進制度で民間事業者と委託契約を締結し、温度可変機能等を有するLD-3型保冷コンテナとB737型機に搭載可能な小型保冷コンテナの研究開発を実施する。

研究開発により、我が国農林水産物・食品の地方産地からの航空輸送ニーズに対応した低コストかつ高品質な輸送の実現を目指す。

現在は、地方産地から農林水産物・食品の航空便による輸出は、地方空港で主に使用されている小型航空機(B737型機)に対応する航空保冷コンテナがないため、最寄りの国際拠点空港等までトラック輸送をしてから輸出をしている。

航空保冷コンテナもドライアイスによる保冷が主流となっており、温度管理の精度に限界がある。

■研究開発概要
研究実施者:東プレ、トプレック、ヤマト運輸
研究予定期間:2017年度~2019年度
研究成果:温度可変機能等を有するLD-3型保冷コンテナ
     B737型機に搭載可能な小型保冷コンテナ

最新ニュース