商船三井ロジ/メキシコ・モンテレーに物流倉庫開業

2017年08月07日 

商船三井ロジスティクスは8月4日、メキシコの現地法人(MOL Logistics(Mexico)S.de.R.L.de.CV.)が、4月にメキシコ北部のモンテレー郊外で、自社作業による物流倉庫「モンテレー・ロジスティクスセンター」を開業したと発表した。

<倉庫>
倉庫

<商品管理エリア>
商品管理エリア

倉庫は、延床面積3940m2の高床式で、WMS(倉庫在庫管理システム)を導入し、バーコード管理による自動車の部品と原材料の保管、入出庫作業を、17名(日本人2名+ローカルスタッフ15名)で担っている。

倉庫需要の増加に伴うビジネス拡大のため、年内に9800m2へ増床、倉庫要員も大幅に増員を図ることを決定した。

メキシコ現地法人は、2004年3月設立、モンテレー本社、イラプアト支店、メキシコシティ事務所の3拠点において、航空・海上・陸上輸送、ディストリビューション、生産設備や周辺部材の据付・組立補助、海外引越等、幅広い物流サービスを展開している。

米墨間クロスボーダー輸送では米国現地法人との協業で自社トレーラーを保有・運行、日系フォワーダーでは最長の20年超の実績がある。

■施設概要
名称:MOL Logistics(Mexico)S.de.R.L.de.CV.,Monterrey Logistics Center
延床面積:3940m2(年内に9800m2に拡張予定)
主なサービス:保管、入庫・出庫作業、小箱単位での在庫管理、ラベリング、通い箱への詰め替え作業、検品、JIT配送
倉庫人員数:17名(日本人2名+ローカルスタッフ15名)年内に大幅増員
営業開始:2017年4月

最新ニュース