MOVER/貨物利用運送事業者間を繋ぐリアルタイム連携システムを開発

2017年08月04日 

MOVERは8月4日、事業者の利用運送に関連する情報について、指定した協力企業と連携することができる「リアルタイム連携サービス」を開始したと発表した。

リアルタイム連携サービスは、本来事業者が繋がりを持っていた協力企業とやり取りをする際に必要となる「関連書類の作成」、「連絡項目の伝達」、「案件の管理」を全て同時に処理できる機能。

これらの機能を既に先行利用していたユーザーは、ユーザーの平均的な利用運送の案件について必要とされていたおよそ60分の業務(付帯業務を含む)を5分ほどに短縮し、同程度の成約結果が得られた。ユーザーは短期間に、より多くの協力企業とコンタクトを取ることが可能になった。

また、 これまではタイムリーな環境下で配車担当者による手作業で作成された関連書類には、車両情報などの項目において一定の割合でミスが見られたが、関連書類の自動作成の機能にはそういった誤情報を記載することを防ぐ効果も見られたという。

リアルタイム連携サービスを含むWebアプリケーションMOVERは、 現在先行登録を行った事業者に限定的に提供されている。新たにサービスを利用するにはコーポレートサイトからの申し込みが必要となる。

MOVERはこれまで、 中小規模の運送事業者(運行管理者・配車担当・オペレーター)が膨大な時間をかけてきた貨物利用運送業務についてのコミュニケーションと管理コストを大幅にカットすることができるクラウド業務支援アプリケーションを開発・提供してきた。

■リアルタイム連携サービス
http://www.movrinc.com/

最新ニュース