カネカ/タイにビーズ法発泡ポリオレフィン工場を新設

2017年08月04日 

カネカは8月4日、東南アジア・インド地域での旺盛な需要に対応するとともにさらなる事業拡大を目指して、タイ・ラヨン県ヘマラート・イースタン・シーボード工業団地にビーズ法発泡ポリオレフィンの生産設備新設を決定したと発表した。

グループ会社であるKaneka(Thailand)Co.,Ltd.が約20億円を投じ、年産3000トンの生産設備を2018年9月に稼働させる予定。マレーシアの既存設備とあわせて、この地域の生産能力は年産6000トン超となる。

東南アジア・インド地域のビーズ法発泡ポリオレフィン市場は、2020年には自動車の生産台数の伸長と軽量化ニーズの高まりにより自動車向け用途を中心に2015年比30%を超える成長が見込まれている。

カネカは自動車産業の集積地であり、ビーズ法発泡ポリオレフィンの同地域最大需要国であるタイに工場を新設することで、既存の日本・欧州・中国・マレーシアに加えてグローバルな供給体制を拡充し、事業拡大を加速させる。

また、新設備稼動に先がけて、10月にマーケティング拠点として、Kaneka(Thailand)バンコクオフィス(仮称)を開設する。

最新ニュース