プロロジス/物流スペーマッチングのスタートアップを支援

2017年08月03日 

プロロジスは8月3日、物流スペースマッチングのスタートアップ企業である「souco」と、物流スペースのシェアリングシステム立ち上げに取り組んでいると発表した。

soucoは、物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業のマッチングサービスを行うスタートアップ企業であり、業界各社が空きスペースの情報を登録・検索可能なインターネット上のプラットフォームづくりに取り組んでいる。

プロロジスは、マッチングのしくみは物流業界全体の発展につながるとみて、支援を決定。物流施設の賃貸方式やスキーム、3PL企業の抱える課題・ニーズなど、物流不動産のパイオニアとして蓄積した知見を還元することで、soucoのビジネスモデル構築を支援する。

soucoは、7月25日より、最小50坪、1か月単位での賃貸借をマッチングするウェブサイトをプレオープンした。プロロジスの空きスペースを掲載し、試験的にマッチング業務を開始する。

8月下旬からは同サイトの一般公開を予定しており、一般公開に向けて、プロロジスとsoucoは、物流不動産各社や3PL各社にも空きスペースの登録を呼び掛け、掲載情報の充実化を図る。

なお、プロロジスはこの取り組み以外にも、米国本社がPlug and Play社と提携しスタートアップ企業の支援に取り組むなど、業界のリーダーとして、物流・SCM分野における先進的技術の開発支援に取り組んでいる。

今後も、国内外でカスタマーやパートナーと協働し、新技術やサービスの開発を継続。物流現場のニーズに応える次世代の物流施設のあり方を検討するとともに、業界の発展に寄与することをめざす、としている。

■souco
https://www.souco.space/

最新ニュース