プロロジス、三井不動産/川越に13万m2の物流施設、共同開発

2017年08月03日 

プロロジスと三井不動産は8月3日、共同事業として開発を計画していた大型賃貸用物流施設「MFLP プロロジスパーク川越」を着工したと発表した。

<MFLPプロロジスパーク川越の完成イメージ>
MFLPプロロジスパーク川越の完成イメージ

MFLP プロロジスパーク川越は、最寄りの関越自動車道川越IC から車で約7分の場所に開発する。

東名・中央・関越・東北道といった主要高速道路へのアクセスに優れ、都心と全国各方面を効率的に結ぶ輸送ポテンシャルが高く、西武新宿線南大塚駅から徒歩6分と至近で、従業者の通勤利便性に優れ、庫内作業の人材募集にも有利な立地となっている。

約6万m2の敷地に、ダブルランプウェイを備える地上4階建て延床面積約13万m2のマルチテナント型の物流施設として計画し、圏央道以南の関越自動車道沿いにおいて最大の物流施設となる。

1階西側は、両面バースとする予定で、敷地内ではトラック動線と乗用車の動線を分け、高い作業効率と安全性を確保する。

全館LED 照明を採用し、非常用発電機を備えるなど環境やBCPに配慮した施設を計画している。

カフェテリアやパウダーコーナーなど、従業者の快適さを追求した就業環境を整備する。

プロロジスは、物流不動産のリーディング・グローバル企業であり、国内でも最多の物流施設の開発実績を持ち、三井不動産は、不動産業界国内最大手の総合デベロッパーとして幅広い顧客ネットワークを有する。

双方の強みを活かし、共同事業の可能性を探る過程で、「MFLP プロロジスパーク川越」の開発が実現し、双方のノウハウを結集し、より先進的で質の高い物流施設の提供をめざす。

<起工式で握手する左が三井不動産の三木孝行執行役員 ロジスティクス本部長、右がプロロジスの山田御酒社長>
起工式で握手する左が三井不動産の三木孝行執行役員 ロジスティクス本部長、右がプロロジスの山田御酒社長

共同開発について、三井不動産の三木孝行執行役員 ロジスティクス本部長は、「プロロジスさんは名実ともにNo.1の物流施設デベロッパー。機会があれば共同開発を考えていた。さらに、投資に対するスタンスも近く、山田社長も物流施設開発の先輩として信頼・共感できるため、共同開発が実現した」と話した。

プロロジスの山田御酒社長は、「三井不動産さんは総合デベロッパーとしてプロロジスが学ぶべきことは多いと思っている。今後も、機会があれば共同開発を進めていきたい」と述べた。

<位置図>
位置図

■MFLP プロロジスパーク川越の計画概要
開発地:埼玉県川越市南台
構造地上:4階建て、RC+S造
敷地面積:5万8749.53m2
計画延床面積:13万1298.64m2
着工:2017年8月
竣工予定:2018年10月

最新ニュース