山九/中国・上海に3万m2の物流センター開設

2017年08月01日 

山九は8月1日、中国の現地法人、上海経貿山九儲運が、上海浦西(ホセイ)物流センターを開設したと発表した。

<上海浦西物流センター>
上海浦西物流センター

センターは上海での物流拠点の要所である嘉定(カテイ)区に位置し、3万864m2の床面積を有する新規倉庫となる。主要取扱品は中国国内向けの衛生陶器、化成品、電子部品。

これまで嘉定区には二棟の倉庫を保有していたが、それらの一部機能を同センターへ集約化し、より効率的で高品質なサービスを顧客に提供していくとしている。

上海経貿山九儲運は上海市の浦東地区に上海浦東物流センター(3万m2)を保有しており、今回の上海浦西物流センター開設で、上海市の東西に大規模物流センターを保有することとなる。

上海港に隣接する浦東地区、市中心部の消費地に近い浦西地区、それぞれのメリットを活かした物流サービスの提供に加え、顧客の需要に合わせた預かり商品の振分け配置の提案など、多様な物流ニーズへの対応が可能となった。

■物流センター概要
名称:上海浦西物流センター
所在地:上海市嘉定区労働路800
床面積:3万864m2
取扱品:衛生陶器、化成品、電子部品等

最新ニュース