アビーム、SAP/デジタルサプライチェーン分野で協力

2017年08月07日 

アビームコンサルティングとSAPジャパンは8月1日、デジタルサプライチェーン分野全般に関して協力すると発表した。

アビームコンサルティングは、SAP社の設計開発管理ソフトウェア「SAP Product Lifecycle Management」「SAP Product Lifecycle Costing 」に関するコンサルティングサービスを8月1日から提供開始した。

製造実行管理、輸送物流管理、倉庫管理等のソフトウェアに関しても今後順次サービスを提供していく予定。

製造業の業務プロセスに精通しそのデジタルトランスフォーメーションに強みを有するアビームコンサルティングと、企業基幹システム最大手であるSAP社のデジタルサプライチェーン分野のソフトウェアについてのノウハウを有するSAPジャパンが協力し、総合的なコンサルティングサービスを展開する運びとなったもの。

なお、SAPのデジタルサプライチェーンは、「デジタル事業計画」「デジタル・レスポンス/供給管理」「デジタル・ロジスティクス」「デジタル・製品/プロジェクト」「デジタル製造」「デジタル・オペレーション」の6つの領域のソフトウェアで構成されており、製品開発、製造実行、サプライチェーン、輸送物流、設備保全、環境規制対応等幅広い業務をカバーし、最新のIoTに対応したもの造り全般を支援するソリューション分野。

「SAP Product Lifecycle Management」と「SAP Product Lifecycle Costing」は、製造業での製品開発・研究開発・商品企画等の業務を支援するソフトウェアであり、ERPとの強力な連携が特徴であり、2D/3D CAD図面の管理、部品表/配合表管理、設計生産連携、開発プロジェクト管理、製品ポートフォリオ管理、製品コストシミュレーション等により、マスカスタマイゼーションやIoTに対応した効率的でイノベーティブな開発業務を行うためのアプリケーション。

アビームコンサルティングは、IoT導入支援やデータ分析の豊富な経験を有し、デジタルアセットを活用したサプライチェーン改革を支援している。

これまでも、S&OPに対応したクラウド型SCMソフトウェア「SAP Integrated Business Planning」に関するコンサルティングサービスを提供してきたが、今回、SAP社のサプライチェーンソリューションの導入支援をラインナップに加えるとともに専門組織を立ち上げ、デジタルを活用した製品開発プロセスの改革支援サービスを強化する。

具体的には、IoT活用のシナリオ創出支援やPOCの実施、IoTとサプライチェーンソリューションを含む統合システムのグランドデザインや開発・導入など、企業のニーズに合わせて幅広くサービスを提供する。

これにより、企業はデジタルデバイスやIoT技術によりプロダクトアウト型からマーケットイン型へ製品開発プロセスを変革することで、顧客サービスの向上へとつなげることが可能になる。

最新ニュース