ラサール不動産投資顧問/日通専用の物流施設、千葉県柏市に着工

2017年07月31日 

ラサール不動産投資顧問は7月31日、千葉県柏市で日本通運のBTS型物流施設「(仮称)日本通運柏沼南物流センター」の地鎮祭を7月31日に行ない、8月1日に着工すると発表した。

<完成イメージ図>
完成イメージ図

<広域周辺地図>
広域周辺地図

竣工は2018年7月31日を予定している。

施設は4階建て、延床面積4万3283.91m2の日本通運専用物流施設。首都圏の大消費地を目前に控え(東京都心の50km圏内)、また主要環状道路である国道16号へ約700mとアクセスが良い、物流適地に立地している。

また国道16号を経由し、最寄りの常磐自動車道「柏 IC」まで約12km、国道6号へも約7kmと恵まれた交通アクセスにより、首都圏広域への配送が可能。

さらに、この施設が立地する周辺一帯は工業専用地域となっているため、365日24時間の稼働が可能で物流効率化を実現できる環境。

施設の仕様は、両面トラックバースを備え、床荷重1.5t/m2、梁下天井有効高5.5mを確保している。全館LED証明、緑化駐車場を整備し、環境や省エネルギーにも配慮している。

ラサール不動産投資顧問の中嶋康雄代表取締役兼CEOは「本物件は、安定した物流需要を支える巨大消費地への優れたアクセスや配送拠点・雇用確保でのロケーションの優位性を活かし、テナントの物流効率化ひいてはビジネスの安定に大きく貢献し得る高機能な施設。

各企業による物流効率化の過程で、交通利便性に優れたエリアに立地する近代的な物流施設へのニーズが高まっている昨今、増加する物流需要を不動産の面から支えることは、マーケットの発展に寄与すると考えている。

今後も各企業の戦略的物流拠点となる適地を見定め、テナント企業活動のニーズに柔軟に応える物流施設開発を積極的に進めていく」と述べている。

■施設概要
所在地:千葉県柏市沼南中央土地区画整理事業施工区域内19街区南敷地
敷地面積:2万910.91m2
延床面積:4万3283.91m2
構造:鉄骨造、地上4階建
設計監理:日立建設設計
構造設計:コンストラクションマネージメントジャパン
設計施工:加賀田組
施主:柏沼南プロパティ―特定目的会社
用途:BTS型物流施設(テナント:日本通運)
着工:2017年8月1日
竣工:2018年7月31日(予定)

最新ニュース