千趣会/物流機能再編を目指す

2017年07月28日 

千趣会が7月27日に発表した2017年度第2四半期決算説明によると、今後のベルメゾン事業について、物流機能を再編するとしている。

フルフィルメント戦略については、次期システム構想は、激変する事業環境への対応に追われ、進捗が大幅に遅延、戦略遂行にも影響しているとし、物流は、予定通り美濃加茂DCが稼働したものの、売上減少・在庫増加、改めて物流機能再編が必要としている。

そのために、インフラ改革として、物流では、通販関連機能の中部圏への集約と、外部委託案件の内製化、非効率拠点の再編を進める。

さらに、子会社であるベルメゾンロジスコにかかる住商グローバル・ロジスティクスとの資本業務提携を進める。

最新ニュース