内外トランスライン/1~6月の売上高5.1%増、営業利益24.4%増

2017年07月28日 

内外トランスラインが7月28日に発表した2017年12月期第2四半期決算によると、売上高は105億2300万円(前年同期比5.1%増)、営業利益7億1800万円(24.4%増)、経常利益7億4800万円(46.9%増)、当期利益6億1700万円(75.1%増)となった。

単体では、主軸の輸出混載輸送の取扱量、売上高とも増加し増収増益となり、また、国内子会社のユーシーアイエアフレイトジャパン、フライングフィッシュ並びに海外子会社の内外銀山ロジスティクス(2016年11月より倉庫事業を開始)の利益が計画を上回って推移したことにより増収増益となった。

通期は、売上高215億円(7.6%増)、営業利益15億円(14.6%増)、経常利益15億円(12.5%増)、当期利益11億円(150.8%増)を見込んでいる。

最新ニュース