日本ガイシ/NGK(蘇州)環保陶瓷第2工場を新設

2017年07月26日 

日本ガイシは7月26日、ガソリン車用のPM(粒子状物質)除去フィルター「ガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)」の需要拡大に対応するため、製造子会社NGK(蘇州)環保陶瓷の第2工場を建設すると発表した。

<第2工場完成予想図>
第2工場完成予想図

第2工場は既存拠点の近隣(東方約2km)に建設する。

2019年12月に生産を開始する計画で、新工場の稼働により中国でのGPFの生産能力を既存拠点と合わせて約6倍に増強する。設備投資額は約330億円を予定している。

■NGK(蘇州)環保陶瓷第2工場の概要
所在地:中華人民共和国江蘇省蘇州市高新区長江路
生産品目:ガソリン・パティキュレート・フィルター
敷地面積:約7万2000m2
建築面積:約3万4000m2
延床面積:約7万9000m2
投資額:約330億円
工事期間:2017年8月~2020年9月
生産開始:2019年12月(予定)

最新ニュース