オープンロジ/7.3億円を資金調達

2017年07月25日 

オープンロジは7月25日、Eight Roads Ventures Japan(旧 Fidelity Growth Partners Japan)をリード投資家とし、Spiral Ventures、Infinity Venture Partners、SMBCベンチャーキャピタルの既存投資家、及びその他よりシリーズBラウンドで、総額7.3億円の資金調達を実施すると発表した。

資金調達額はシリーズBラウンドで総額7.3億円で累計調達額は10億円。

資金用途は「国内外の各種Eコマースサービスとの連携」「常温、冷蔵および海外の倉庫を含めた提携先倉庫パートナーの拡充」「オムニチャネル物流などの新規事業の取り組みの加速」を挙げている。

オープンロジは面倒な物流業務を外注したい事業者とそれを請け負う倉庫会社を結ぶ、日本初の倉庫のシェアリングサービスとして物流業務のプラットフォーム「オープンロジ」を2014年10月から運営してきた。

急成長するEC市場の多くを占める中小規模の事業者が、オープンロジを使うことで、煩雑な物流業務を、見積もりや問い合わせといったアナログな手続きをせずに、会員登録後、すぐにオープンロジ提携先の倉庫にアウトソーシングすることができる。

サービス開始以来、口コミのみでユーザー数が増加しており、そのユーザー数は2500以上、売上も前年比730%増と成長しており、今回の資金調達により、社内体制基盤の強化、国内外の各種Eコマースサービスとの連携強化を図り、新たに冷蔵や海外の倉庫との連携を進めていき、倉庫のシェアリングサービスを拡大する。また、オムニチャネル向けの新規事業もスタートする予定だ。

■会社概要
会社名:オープンロジ
設立:2013年12月25日
所在地:東京都豊島区東池袋1-34-5 いちご東池袋ビル9階
従業員数:40名
事業内容:物流業務のプラットフォーム「オープンロジ」の運営
https://openlogi.com

最新ニュース