プロロジス/AIロボット活用でパートナーと協働

2017年07月24日 

プロロジスは7月24日、EC物流業務代行のアッカ・インターナショナルと、基本合意書を取り交わし、物流分野における次世代技術の活用に取り組むと発表した。

<プロロジスパーク千葉ニュータウン内の無人搬送ロボット>

合意により、プロロジスが運営する賃貸用物流施設「プロロジスパーク千葉ニュータウン」において、ロボットによる物流業務がスタートする。

プロロジスは、ロボット導入にあたり施設仕様の最適化などについて支援し、アッカが、7月よりテスト稼働を開始し、荷主であるビルケンシュトック社日本法人の賛同を得て、8月からは実際の物流業務を行う。

使用するのは、AI機能を持つ無人搬送ロボット30台。ロボットは、ステーションと呼ばれる出荷場所まで荷物を載せた棚を自動で運ぶことで、ピッキングや棚入れ作業時の人による作業量を軽減する。

ロボットはギークプラスが開発したもので、中国最大のECモール、アリババグループの「T-mall(天猫)」などが採用。国内の物流施設では初の導入となる。

なお、EC事業者や物流事業者にとって、物流施設内の労働力不足が大きな課題となっている。省人化への取り組みとして、各社が新技術の開発や導入を進めているが、有効性の検証事例はいまだ少なく、非公開のことも多いのが現状。

プロロジスは、物流現場のニーズに応える次世代の物流施設のあり方を検討しており、国内における第一弾としてこのたびの取り組みに至ったもの。

このロボット導入を通して、物流施設内のIoT化や、AI・ロボット活用について施設面での課題を検証。次世代の物流オペレーションに適した施設開発の参考とする。

実証実験によって得られた知見やデータの公開を予定し、9月には荷主企業や物流事業者を対象とした見学会を計画中だ。

最新ニュース